豊田市の高級きもの専門店 柏屋呉服店

HOME › ニュース・イベント › 

ひな人形の並べ方

新着ニュース・イベント

2018年03月02日 11:16  カテゴリ:ニュース・イベント

ひな人形の並べ方

明日はひな祭りですね。
我が家でも娘のひな人形を写真のように飾っております。
このように向かって左に男雛、右に女雛としてます。

 (こちらのひな人形は「工房 朋」の人形です。)

ところが、昨日出張先の京都で男雛、女雛の位置が逆のものを拝見しました。

私が昨日聞いた話では
昔は左上位(左上座)の礼法でした。
身分の高い方が南に向かって並ぶ場合に、太陽の上る東側を上座としたためです。
天皇の結婚式を模したひな人形は、男雛が天皇なので向かって右の上座に置かれ
てるということでした。

では、なぜ私のように、一般的なひな人形は京都と並びが逆なのでしょうか?

明治・大正以降の天皇陛下・皇后陛下の並びが変わったからです。
世界各国では右上位(向かって左)の文化のため、日本も国際的なルールに倣ったと
思われます。

伝統を重んじる京都では、日本古来のしきたりを守ってるのですね。


きものや和装に関することは、どんなことでもご相談に預からせていただきます。ご遠慮なくお問い合わせください。0565-32-0299 営業時間:午前10時~午後7時定休日:火曜日

同じカテゴリー(ニュース・イベント)の記事画像
付け下げ
唐帯の名古屋帯おすすめです
「錦秋展」始まりました
明日から「錦秋展」
「錦秋展」のお知らせ
「ゆかたの会」本日より6月3日まで
同じカテゴリー(ニュース・イベント)の記事
 付け下げ (2018-10-12 15:00)
 唐帯の名古屋帯おすすめです (2018-10-12 11:28)
 「錦秋展」始まりました (2018-10-11 16:51)
 明日から「錦秋展」 (2018-10-10 10:43)
 「錦秋展」のお知らせ (2018-09-26 14:10)
 「ゆかたの会」本日より6月3日まで (2018-05-30 13:42)

Posted by 染と織~柏屋呉服店~ │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。